top of page

音を浴びる


久しぶりに生の音楽を聴いた。

屋外でのカジュアルなものだったけれど、それは心に体にずしんと響いた。音楽に全然詳しくないので、どんな曲で誰の作曲だったのかをすっかり忘れてしまったのは残念だ。それでもやっぱり生の演奏はいいなあ。

BGMとして、運転や作業しながら音楽を聴くのが当たり前になっているので、シンプルに音楽を聴くこと自体が非日常だったというのもある。


ふと思ったが、手軽にいつでもどこでも好きな時に好きな音楽を何度も聴けるようになったのは、はたして良いことなのか。良いことと同じぐらい良くない問題がある気がする。

まあそこのところは個人の自由なのですが。


そもそもテレビやスマホで聴く音楽と、どれだけ違うのだろう。

私の場合、テレビやパソコン、スマホで見たり聴いたりする映画や音楽は、ぱちんと電源を切ってしまえば、すっかり忘れてしまう。ときには便利な時もあって、例えばジャイアンツが負けていてもぱちんで忘れられるのはありがたい。


脳が、それはただの四角い箱だよ、と認識しているのかもしれない。


頭の容量が少ないと自覚しているので、ハコの中から情報やもろもろがあふれ出さないように気をつけている。今でも多すぎるぐらいだ。

マルチタスクなんてとんでもない。


きっとリアルな体験は、ちょうどいい具合に体に染み込んで心のひだにしっかりと引っかかってくれるのかもしれない。というかそうであってほしい。




Comentarios


bottom of page