top of page

絵のサイズのこと




美術館へ行って絵を観るとその大きさに驚くことが多い。勝手に小さいと思い込んでいるからで、なるほどこんなに大きかったのかと感心する。

もちろん大きければ大きいほど良いわけではないし、小品でなければならない場合もあるだろう。小さいサイズの絵をただ大きくすれば間延びするだけだ。

それでも、ものすごく大きな作品の前に立ったときに感じるあのなんともいえない、あえて言うなら絵からシャワーを浴びているような感覚は格別。

サイズが絵にもたらす影響はとても大きい。

いつかそんな作品を作りたい。

Comments


bottom of page